いぶりの☆星空散歩 2013年03月
fc2ブログ

北斗の星時計・北斗の星暦

3月17日は春の彼岸の入り。このところ少しずつ雪どけが進んでいます。
そんな春の宵、夜空を見上げてみましょう。
北東の空には有名な北斗七星が直立したようなかたちで見えています。



日没後北東の空に昇る北斗七星。ひしゃくが直立したように見えます(伊達市南黄金町)
 
この北斗七星は星座の名ではなく、三番目に大きな星座・おおぐま座の
胴体の一部分と長く伸びたしっぽを形づくる星のならびで、
この呼び名は中国から伝えられました。
北斗の『斗』は、酒をくみとるひしゃくの 枡のことで、
日本では『ひしゃくの星』『七つ星』『四三の星』『舵星』などと呼ばれていました。
英語では『ビッグ・ディッパー』などと呼ばれています。

北極星の周りをめぐる北斗七星は、地球の自転により
反時計回りに、1時間に15度ずつ回転していきます。
これにより大まかな時間の経過を知ることができるので、
『北斗の星時計』と呼んで活用していた地方があります。

また、毎晩同じ時刻に北斗七星を観察すると、
北斗七星の見えはじめる位置が毎日4分ずつ早まり、
少しずつ移動しているように見えます。
これは、地球の公転による年周運動のためで、
北斗七星の見える位置が季節によって変わるカレンダー代わりに使えるので、
昔から『北斗の 星暦』と呼ばれていたそうです




ひしゃくの取っ手の先から2番目の星を『ミザール』といいますが、
この星を注意深く見ると、視力の良い人は隣にもう一つの星を
見ることができます。この星は、『アルコル』(アラビア語で「かすかなもの」)という4等星で、
昔のアラビアや古代ギリシャなどで2つの星が見えるかどうか、
兵士の視力検査に使われたという言い伝えが残っています。
日本でも昔から『目だめしの星』として使われていたようです。

この画像には写っていませんが、北斗七星の柄のカーブに沿って下の方にたどり、
うしかい座のアルクトゥルスとおとめ座のスピカを結んでできる曲線を
『春の大曲線』といいます。この呼び名を耳にすると、
北斗七星は春を招く星々のように感じます。

室蘭民報 2013年3月17日朝刊掲載
 
 
 

 
スポンサーサイト



パンスターズ彗星

昨年は、金星の太陽面通過や金星食、そして本州では金環日食が観測されるなど、
『金』にまつわる天文現象が話題になりましたが、今年は『彗星』が注目を集めています。
11月末にはアイソン彗星が肉眼で見られるばかりか、
最大で満月ほどの明るさになるのではないかと予想されています。
また、今月はパンスターズ彗星、4月下旬にはレモン彗星が
肉眼で見られるかもしれません。

彗星は、尾が伸びた姿から、日本語で 箒 星英語では『コメット』と呼ばれています。

本体の大きさが数キロメートルから数十キロメートルの小さな天体で、

本体はガスが閉じ込められた氷と細かいチリのかたまりといわれています。
その彗星が太陽に近づくと、氷がとけだしガスが出てきて、
彗星全体がコマと呼ばれる大気でおおわれ輝きだします。
さらに太陽から出ているエネルギーの風が彗星に当たると、

チリやガスが太陽と反対方向に流され、尾を引いて『ほうき』のように見えるわけです。


パンスターズ彗星(C/2011 L4)は、アメリカのハワイ州に設置された

大型望遠鏡・パンスターズ1望遠鏡による観測で、2011年6月に発見されました。

発見時の明るさは、19.4等級という暗さでしたが、その後少しずつ明るさを増し、
太陽に最接近する3月10日には、マイナス一等級程度にまで明るくなると期待される一方で、
今年の1月及び2月の南半球での観測で、増光のペースが鈍っていることが
確認されていることから、明るくなったとしてもせいぜい3等級程度ではないか、
と最近になって下方修正されています。


(提供:国立天文台)

3月10日にパンスターズ彗星が現れるのは、日没時の西の空。
高度は約10度と低く、3月14日になるとようやく高度が15度を超えると予想されています。
また、3月13日には月齢1の細い月がパンスターズ彗星のそばに見えるので
彗星を探す目印になります。

いずれにしても高度が低いため、西の空が低空まで広く見渡せる場所が
観察に適しています。また、肉眼では見にくいと思われるので、
双眼鏡を使うと尾を引く彗星の姿がよくわかるかもしれません。
パンスターズ彗星の観測しやすい時期は、3月10日から23日頃までとされ、
4月になると明け方の北東の空にも現れますが、
残念ながら肉眼での観測は難しいと予想されています。

なおパンスターズ彗星に関しては、室蘭市青少年科学館のプラネタリウムで
詳しく解説していますので、興味のある方はぜひご来館ください。

室蘭民報 平成25年3月3日朝刊掲載
プロフィール

kamokenyamafc

Author:kamokenyamafc
DENZAI環境科学館の天文ガイド

最新記事
カテゴリ
カレンダー&アーカイブ(Tree)
02 | 2013/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

+ アーカイブ
 
シンプルアーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR