いぶりの☆星空散歩 2014年06月
fc2ブログ

さそり座のアンタレス

もうすぐ7月。

夏の星座と天の川が見ごろを迎えています。

南の空の低い位置にはさそり座が見えます。
さそり座の一等星は赤い星『アンタレス』。


※さそり座と天の川(撮影:2014年6月20日22:17 室蘭市地球岬)

アンタレスは、「火星に対向するもの」の意味ですが、
今年の夏は南西の空に本物の火星が見えます。
スポンサーサイト



ヘルクレス座

夏の星座ヘルクレス座は、全天で5番目に大きな星座です。
このギリシャ神話の英雄の姿は、3等星以下の淡い星ばかりのうえ
逆さまの姿で描かれているので、ヘルクレスの巨体を
夏の宵の空で見つけるのは少々むずかしいかもしれません。


※ヘルクレス座(撮影:2014年4月28日21時02分、白老町倶多楽湖)

見つけるコツは、 冠 (かんむり ) のように小さな半円形を描くかんむり座と、

『織り姫星』の呼び名で有名な、こと座の一等星ベガの間に位置しているので、
おおよその場所の見当がつけられます。
するとHをつぶしたような6つの星の並びが見つかります。



ギリシャ神話では、スーパーヒーローとして描かれるヘルクレス。
赤ん坊の時にゆりかごに投げ込まれたヘビを、
生まれながらの怪力で無邪気に握りつぶした、というエピソードありますが、
成長後は12回もの大冒険が神話に描かれています。

ネメアの森の人食いライオンを激闘の末退治したというのがよく知られていますが、
そのライオンは春の星座のしし座といわれています。
大冒険に関連するほかの星座は、かに座やうみへび座、うしかい座などです。

ヘルクレス座を描いた星座絵のほとんどが、
右手にこん棒、左手にりんごの枝と二匹のヘビを持った姿で描いていますが、
そのヘルクレスが東の空から昇ってくると、
恐れをなしたしし座やかに座、うみへび座などが逃げるように
西の空に沈んで行く、という星座解説があります。
実際の星空を観察すると、星座もほぼそのように
動いているので面白く感じるかもしれません。

6月は、一年中でもっとも日没が遅い時期ですが、
空が暗くなり始める午後8時から9時にかけて、
ヘルクレス座はほぼ真東に見えるので探してみてください。

室蘭民報 2014年6月8日朝刊掲載
 
プロフィール

kamokenyamafc

Author:kamokenyamafc
DENZAI環境科学館の天文ガイド

最新記事
カテゴリ
カレンダー&アーカイブ(Tree)
05 | 2014/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

+ アーカイブ
 
シンプルアーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR