いぶりの☆星空散歩 2016年08月
fc2ブログ

とかげ座

8月ももうすぐ終わりです。
日中は気温の高い日がありますが、夜は少しずつ涼しくなってきました。

北の夜空を見上げるとW字型のカシオペヤ座が見えます。
これから冬にかけて、北極星を探す目印になる
星座といえばこのカシオペヤ座です。

そのカシオペヤ座のすぐそばで、ひかえめに並ぶ
小さな星座が今回紹介するとかげ座です。
とかげ座は、日本では、毎年7月頃から2月頃までの
約8ヶ月間見ることができますが、夏の終わりから秋にかけて
見やすい位置に来るので、秋の星座に分類されることが多い星座です。


天の川ととかげ座(撮影:2016862116 登別市札内町)

この星座は、ポーランドのヨハネス・ヘベリウスという天文学者が、
17世紀に設定した星座です。新しい星座なので神話はありません。
そのヘベリウスは、トカゲと命名する前にイモリにしようかと迷った、
という面白いエピソードも残っているようです。

周囲には、はくちょう座をはじめ、カシオペヤ座、アンドロメダ座、
ペガスス座など有名な星座がありますが、とかげ座は4等星以下という
暗い星の集まりで、あまり目立ちません。




天の川が見える暗い場所ならば、8つの4等星が
ジグザグの小さなW字型のように折れ曲がっているのがわかります。
そしてとかげ座の一部は、はくちょう座からカシオペヤ座にかけて流れる
天の川の中にかかっています。

これからは、日一日と空気が澄んでくる季節です。
夏の星座・はくちょう座と秋の星座・アンドロメダ座の
間にある、とかげ座を見つけてみてください。

 ☆室蘭民報 2016年8月28日掲載
 
 

 
スポンサーサイト



伝統的七夕の日

立秋を過ぎ、明日8月9日は、
旧暦の7月7日にあたります。
明治期前までは、この日に七夕の行事を行っていました。


撮影:2016年8月4日21:22 室蘭市イタンキ浜

最近は、この日は『伝統的七夕の日』と呼ばれ
明かりを消して夜空を見上げようという
キャンペーンが行われています。

幸い、明日の夜の胆振地方の天気予報は晴れです。
街明かりのない場所では七夕の星々をはじめ
天の川も見られそうです。
プロフィール

kamokenyamafc

Author:kamokenyamafc
DENZAI環境科学館の天文ガイド

最新記事
カテゴリ
カレンダー&アーカイブ(Tree)
07 | 2016/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

+ アーカイブ
 
シンプルアーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR