いぶりの☆星空散歩 2021年12月11日
fc2ブログ

新しいプラネタリウム

DENZAI環境科学館がこのほど完成し、
12月25日に開館します。
今回は、最新式の投影システムを導入した
新プラネタリウムについて紹介します。

159-2投影機110A7583
光学式とデジタル式の投影機

プラネタリウムの心臓部とも言える投影機は、
㈱五藤光学研究所製の光学式プラネタリウム『オルフェウス』と
全天周デジタル映像システム
『バーチャリウムX』を導入しました。

オルフェウスは6.5等までの約9,500個の恒星を
映し出すことができ、天の川を約800万個の恒星で
再現しているほか、56の星雲や星団も投影できます。

投影機の大きさは、旧科学館のプラネタリウム
(以下『旧館』)で使われていた約半分で、
視界を妨げにくい形状です。

一方、バーチャリウムXは、高精細な
ビデオプロジェクター2台を使い、
直径12mのドーム全天に星空や宇宙映像などを
投映するシステムで、恒星の固有運動を
プラス・マイナス100万年の範囲で操作できるほか、
はるか遠い宇宙の果てまで、自由に宇宙空間を
移動する感覚を味わえる機能が備わっています。

この2方式を導入することにより緻密で美しい星空を再現でき、
室蘭上空の四季折々の星空をはじめ、
宇宙空間に移動してそこから見える星空を再現できるなど、
さまざまな番組を投影できるようになりました。

159-1星座絵と天の川110A7528
▲ドームに映し出される星や天の川


また、月の満ち欠けや太陽系惑星の動きなどを解説する
動画を使うなど、天文学習のお手伝いも可能です。

かつての旧館は断熱材のない時代に建てられたので、
特に厳寒期はドーム内が冷え切って、
開館前から暖房を入れていても、午前の投映のお客さんには、
寒い思いをさせていたこともありましたが、
新しいプラネタリウムでは寒暖を気にすることなく、
快適に鑑賞できるようになりました。

159-3操作盤110A7575
▲投影操作盤と室内

旧館でプラネタリウムを見るには、
入館料とプラネタリウムの入場料の両方が必要でしたが、
新館は展示室を通らずに入場できるため、
プラネタリウムだけをご覧になる方は、
展示室の入場料は不要です。

ちなみにプラネタリウムの入場料は、
一般400円、高齢者250円、高校生200円、中学生以下100円です。
また、それぞれに年間パスポートの設定もあります。


青少年科学館時代のプラネタリウムと比べ、

投影機器も機能も格段に進化した新しいプラネタリウムを

ぜひご体験ください。

 

※室蘭民報 2021年12月19日掲載
スポンサーサイト



プロフィール

kamokenyamafc

Author:kamokenyamafc
DENZAI環境科学館の天文ガイド

最新記事
カテゴリ
カレンダー&アーカイブ(Tree)
11 | 2021/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

+ アーカイブ
 
シンプルアーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR